東京タクシーへの転職、タトゥーあるは問題ありか

東京は人口が多いし、他地域からの人の流通もあるので、タクシーを利用する人は少なくありません。公共の交通網も発達していますが、それでもタクシーを利用したほうが便利であることも多いのです。そんな東京の事情を考慮すると、タクシードライバーは稼げると考える人も多いでしょう。東京タクシーはそんな目的をもって転職してくる人を、どんどん受け入れています。しかしながら、やはり転職の際の履歴書や職務経歴書のチェック、また面接などは行われます。そのため、それを乗り越えていくことが転職の第一歩になります。

ではどんな人でも東京タクシーのドライバーになることが出来るでしょうか。たとえタトゥーがあっても大丈夫なのでしょうか。今は以前よりもファッション的感覚でタトゥーをしている人は少なくありません。ただ入れるのは簡単ですが、それを除去しようと思ったときに大変なことは、あまりよく知られていません。そのため自分の好き嫌い、ファッションにあうかどうかでタトゥーを入れてしまうこともあるのです。

しかしそれは就職のときに障害になることがあります。就職、転職をするときには、面接と同時に健康診断もありますが、その際にタトゥーがあるということが自然とわかってしまいます。その結果をもとに、接客サービスをすると東京タクシーの運転手としてふさわしいかどうかチェックされることがあるのです。東京タクシーのドライバーを見てみると、長袖シャツを着て運転をしていることもほとんどであり、タトゥーが入っていても誰も気が付かないのに…と思うかもしれません。しかし何らかのきっかけで袖から見える、服から透けて見えるという場合は、印象が悪くなることもあります。

東京タクシーのドライバーは、転職で雇われた状態であっても一人一人が仕事に携わるので、各個人が東京タクシーの看板になります。そのため接客時の印象はとても重要です。お客様の中には、女性がいることもあります。子どもや高齢者がのることもあります。すべての人がタトゥーに寛容で理解があるとは限りません。そのような理由から、タトゥーがある人は転職時に不利になってしまうことがあるのです。

ただこれまでの前例でタトゥーがあっても東京タクシードライバーになることが出来たという人もいます。またタトゥーを上回る人柄の良さや技術や知識があるという場合は、採用側も人材として手放したくないと思うのではないでしょうか。そのため東京タクシーのドライバーには、タトゥーがあるからなることが出来ないというわけではないのです。