東京タクシーへの転職後に感じてしまう理想と現実の違いは解消できます

収入を多く稼ごうとして、東京タクシー会社に転職を希望する方も多く、常に人材確保を行っている会社も多数あるので、敷居は低く比較的簡単に就業することはできます。この業界は稼げるという噂を聞いて入社希望する方や、働き口に困って辿り着く方もいますが、給料は多くの東京タクシー会社で歩合制を採用しています。つまり、売り上げが高ければ高い程、給料に反映される仕組みなので、確かに稼げる要素はあります。転職を考えている方必見!タクシー運転手の採用面接に合格するためのコツ教えます!最新のコロナ対策情報も!一般的な会社員は固定給制度が基本にあるので必死に仕事をこなしても給料に変化はありません。この点に違いはあり歩合給ならではのメリットといっても過言ではないでしょう。

ところが、実際に東京タクシー会社に転職してみると、現実はそうは甘くはなく稼げない方が存在していることも事実です。会社によっては3か月間程度を給料の保証制度を採用していて、25万円程度の給料が支払われる場合もありますが、それ以降は完全に歩合給に移行することも一般的です。この3か月間の貴重な期間を活かせれば理想と現実の違いを解消することは決して不可能ではありません。東京タクシー会社で稼ぐには、季節や曜日、日にちや時間帯などお客様の乗車が多いポイントというものはあり、長年にわたって働き続けているドライバーの中には、全てを掌握している方も実在しています。3か月間で全てを習得することは難しいとも判断できますが、あらゆるポイントやテクニックなどを自主的に研究したり、走行中に他のタクシーの行動をチェックしていく方法で理想と現実を近づけることはできます

稼げる要素は十分にある東京タクシーですが、転職後に感じる現実問題として、ブラックではと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。この点においては乗車時間や帰社後の作業などを含めた労働時間が長めという会社もあり、残業手当が支払われないことで不満を抱く方もいるとは想定できます。時間外労働は確かに多い会社は実在していますが、東京タクシーも例外ではなく多くの会社でシフト制を採用しています。従って、自主希望を休日に反映させることができ、曜日に関係せずに自分の都合でシフトを組むことは可能なので、実態は比較的働きやすいと感じる方も多いものです。勤務時間中もお客様が乗車していない間は、休憩を取ったり停車して一服することを禁じてはいない会社も多数あります。この点に歩合給ならではのメリットと捉えることもできるので、必死に稼ぎに走ることも良いのですが、マイペースで仕事をしたい方にも実際には向いています。