転職の希望者や東京タクシードライバーを悩ませる不眠症対策

東京タクシードライバーに限らず、タクシードライバーに転職して不眠症に悩む人は数多くいます。不規則な生活によって習慣が偏ってしまった寝不足とは異なり、精神的あるいは身体的な病気によって眠りたいのに眠れず、日中の活動に支障をきたすのが不眠症です。その原因は様々あり、先述した不規則な生活をはじめ、強いストレスに過剰なアルコール摂取が挙げられます。東京タクシードライバーであれば不規則な生活が主な原因ですが、もう1つ原因に挙げられるのは仮眠です。東京タクシードライバーの回転率はどうしても深夜の時間帯に見込めるため、どうしても深夜勤務が多くなってしまいます。タクシードライバーに転職を考えている人のなかにはこの不眠症が転職を躊躇させる要因となり、踏みとどまってしまうケースが少なくないです。しかし時間に振り回されがちな東京タクシードライバーであっても、多少の工夫で不眠症を改善できます。

不眠症を改善するためには、自身の生活を見直さなくてはならないです。例えば不規則な生活を送っていたら1日の流れにパターンや型をつくり、生活リズムを整えていくのが一番ですが、臨機応変な対応が求められる東京タクシードライバーでは少々難しいかもしれません。しかし、簡単に不眠症の改善できる方法が実はあります。それは太陽を浴びる事です。人間には体内時計という1日の時間の流れを独自にコントロールできる器官があり、この体内時計が正常であれば生活のリズムがコントロールできます。とはいえ機械仕掛けの時計のように正確ではなく、徐々にズレていくため、太陽光を浴びて体内時計をリセットする事が必要です。太陽光を浴びると交感神経が刺激され、セトロニン神経が活発化します。すると日中は活動的になり、日が沈む時間帯になれば副交感神経が優位になっていき、リラックス状態になっていくのが体内時計の特徴です。タクシードライバーは夜勤を任される事もあるため、太陽光を浴びたくても浴びられない状況になるかもしれません。その場合は仕事前か、仕事をして十分休んだ後に可能な限り太陽光を浴びる事をお勧めします。

あとは仮眠を取り過ぎない事が不眠症の改善法です。けれども、こうした対策は自己ケアによって解決できる一過性不眠と呼ばれる不眠症にしか通用しません。もしも工夫しても1か月以上続く場合は、医師の治療が必要な状態になっている可能性が高いです。そのため医師に相談する事も視野に入れなくてはなりません。