東京タクシーへの転職を考えているのなら隔日勤務を知っておこう

東京タクシーへの転職を考えている人もいるでしょうが、その場合、一般的なサラリーマンではまず見られることのない勤務体系である隔日勤務というものを知っておいたほうが良いでしょう。東京タクシーにおいては、この隔日勤務という勤務体系が基本となっており、朝9時から夕方5時まで働くという勤務体系でこれまで長年働いてきたサラリーマンの場合、これに慣れることができるかどうかが転職の成否を大きく左右することは間違いありません。

東京タクシードライバーの隔日勤務とは、一つの例を挙げれば朝の8時に乗務が始まります。そして昼食休憩を挟んで午後も乗務を続け、夕食休憩を挟んで夜も乗務を続けます。サラリーマンで言えば残業をしているような夜の時間帯になっても乗務は続くのです。そして深夜となり、日付が変わって午前4時くらいまで乗務を行い、そこで勤務終了という形を取ることになります。時間にすると、朝の8時から翌日の午前4時までですから、20時間程度は拘束時間ということになります。もちろん20時間連続でハンドルを握り続けることはありませんし、そんなことは危険もあり、認められていません。この20時間の中に3時間程度は食事も含めて休憩を取ることになりますので、実働は17時間程度です。もちろんこれでも極めて長いわけで、転職には二の足を踏むかもしれませんが、言うまでもなくこれが毎日続く訳では決してありません。東京タクシードライバーの場合、午前4時まで乗務したその日はお休みとなります。4時間だけ寝て、またその日の朝8時から乗務ということではありません。そうではなくて、次の乗務はその翌日の朝8時からとなるのです。これが隔日勤務の意味です。

このように、2日で実働17時間程度働くというサイクルを持っているのが東京タクシードライバーの働き方です。結局のところ1日あたり8時間プラス多少の残業という形で働いているサラリーマンと総労働時間という点ではさほど大きな変わりはありません。そして、2日間のこのサイクルを2回繰り返した後は、次の日は公休と呼ばれる休みがあり、これはサラリーマンで言うところの日曜日に相当します。全体として見れば5日のうち2日間乗務するというサイクル、1ヵ月を30日とすれば出番はだいたい12回ということでカレンダーを回しているのが東京タクシードライバーの姿です。確かに慣れるまでは辛いものがあるかもしれませんが、慣れてしまいさえすれば思った以上に休みや自由になる時間が多いと言われています。