東京タクシー会社に転職する時は歩合を確認するべき

東京のタクシー需要は非常に高くて転職先として東京タクシー会社は、魅力的な転職先です。タクシー運転手に転職をする時に知っておかなくてはいけないのは、給与体系に基本的に歩合が組み込まれている業界だという事です。業界によっては給与は基本給が全てを占めて、時間外労働などが発生した場合にその都度手当が発生するような給与体系が多い業界があります。しかし会社によって少しずつ細かい違いはあれど、タクシー運転手の場合は歩合給が絡んできます。そのため同じ会社で運転手をやっても、個人の売り上げによっては極端に給与が少なかったり、逆に高い給与を受け取れます。地域によってもタクシーに対する需要が違って、運転手の平均収入も利用者が多い地域の方が高い傾向にあります。東京は全国でも一番利用者が多いために、東京タクシー運転手の平均年収も全都道府県の中で一番高いです。

タクシー運転手の給与体系は大きく分けて3種類あります。1つめは基本給に歩合と賞与が加わって、歩合に関しては会社が定めた売り上げを超えた時に発生する形態です。この形態は少しずつ減少傾向にありますが、一部の会社では今でも採用されています。この歩合制度だと会社が定めた金額を下回っていると、1円も歩合給が出ないので設定金額以下での売り上げがいくらであっても歩合給無しという同じ扱いになってしまいます。2つ目は完全歩合制です。この形態だと売り上げに応じて支給される給料が全体の全てを占めるので、成果によって高額な給与を実現できる一方で、成果が出なければ極端に低い給与になってしまいます。一番給与の波が激しい形態であって、それがメリットでもありデメリットにもなります。東京タクシー運転手のように営業する市場が大きい場合は、実現できる報酬の上限が高いので、完全歩合制の給与形態は魅力的です。3つめは1つめと同じで基本給に歩合給と賞与が加わる形態です。1つめと違うのは基本給の部分にも成果が反映されてくるので、どちらかと言うと完全歩合制に近いです。しかし完全歩合制と比べると基本給が設定されているので、完全歩合制よりも給与の安定感はあります。

東京タクシー運転手に転職する時は選べる会社が多い分だけ、給与形態も様々です。東京タクシー会社の中でも、給与形態はそれぞれ違って、細かい設定の違いがあります。始めてから後悔しないように大まかな形態だけでなく、細かな取り決めも把握した上で転職先を決めるべきです。