東京タクシーに転職したいなら運転手に向いているか向き不向きを理解しよう

東京タクシーの運転手に転職したいと考えている方は、タクシードライバーの向き不向きが知りたいと感じている方が多いのではないでしょうか。東京タクシーの仕事は単純にお客を目的地まで送り届けるだけに思われがちですが、やはり東京タクシーの運転手に合う性格や適性はあるので向き不向きがあります。今回は向き不向きの中でも向いていない人の特徴について紹介しますので、東京タクシーに転職する際の参考にしてみて下さい。
東京タクシーに向いていない人の特徴は、安全運転を徹底するだけで気配りができない人です。空車時のタクシー走行中は、お客が手を上げていたらすぐに停車しなければなりません。もし手を上げているお客さんに気づかないでそのまま通過してしまうと乗車拒否だと思われてしまい、タクシー会社に通報されてしまう恐れがあります。タクシードライバーに転職したいのであれば、出庫してから長時間の勤務中に集中力を切らさないで、前方や周辺に注意を払う能力が必要です。

さらにお客さんが見つかってとっさに停車しなければならない場合、後方の車輛や横をすり抜けるバイクにも注意を払わなければなりません。そのようなことを気にしないで急に停車してしまうと、事故につながってしまうことが多いからです。これらのことを長時間の勤務で集中力を切らさず、辛抱強く行える能力が必要であると言えます。この能力を持っていないと事故を起こしてしまう恐れがあるので、注意散漫なタイプの人は、タクシードライバーに向いていません。採用担当や運行管理の人に話を聞くと、1度事故を起こす人は2度、3度事故を起こすと言われています。逆にとても運転が荒い人なのに1度も事故を起こしたことがない運転手も多いです。このような運転手は習慣的に事故を起こさないように注意深く走っていると言われています。

他にもタクシードライバーに向いていない人の特徴は、サービス精神のない車内の空気を読めないような人です。タクシードライバーは、車内という個室でお客さんに対応しなければならない究極のサービス業です。したがってただ運転するだけで良いというわけでなく、まずはしっかりと挨拶をしてお客さんに気持ちよく乗ってもらうようにしなければなりません。乗車中にもお客さんを満足させるコミュニケーション力が必要で、短時間の会話の中で接客・待遇スキルが必要になります。会話をするのが苦手な方は、タクシードライバーに無理かもしれません。