時間が欲しいから東京タクシーの長時間勤務に転職

今後の働き方を考えた時に、いろいろと準備が必要なことがあります。資格を取得したり、資金を調達したり、事業計画を考えなければいけないなどさまざまです。会社員として仕事をしていると、なかなか時間が取れなくて、実現できる可能性がだんだんなくなっていくことに不安を覚える方もいます。そんな時の選択肢としてタクシー乗務員への転職があります。

東京タクシーでは、長時間勤務と言う働き方を選ぶことが可能です。乗務員はシフト制で昼間のみや夜間の勤務などがありますが、それとは別に14時間乗務する長時間勤務を選ぶことができます。長い時間を働かなければいけないので過酷に感じるかもしれませんが、東京タクシーの場合は月の勤務日数が12日と日勤制の半分となっています。

東京タクシーの長時間勤務に転職しようと考える時に、注意しなければならないのは時間を有効に使うための勤務形態であると言うことです。東京タクシーの基本的な勤務形態は、1日7時間ですから長時間勤務では2倍の時間を働かなければいけません。また隔日勤務となっているので、勤務シフトが1日おきにしか設定できません。自分の自由にできないことを覚えておく必要があります。

安易に月の半分休めるから転職しようと言う考え方では、うまくいかないことが多いのが実情です。思ったよりも体に負担がかかったり、コツが掴めるまで収入が安定しないなどの不満があるようです。だからこそ自分のやりたいことを実現するための時間を確保するという目的を失わないように注意が必要です。

東京タクシーでも日勤と隔日勤務の2つの働き方を選べることができます。特別な理由がない限り、長時間勤務を選ぶ必要はありません。収入を少しでも増やしたいなら深夜給が追加される夜間の日勤で十分と言えます。それよりも隔日勤務を選ぶと言うことは、日中に自由な時間を確保したいと言う動機が必要です。動機が強い分だけ成功する確率が高くなります。

隔日勤務はまとめて乗務することができるので、勤務前と後に必要な業務が求めて行うことができます。14時間でそれぞれ1回行えばいいので、効率よく処理することが可能です。出勤も同じ時間で1回で済むので、その分が自分の時間になります。このようにして少しでも時間を確保したいと考えている人にしかおすすめできない勤務形態と言えます。タクシー乗務員を最終転職先と考えているなら、体に負担が少ない昼間の日勤を選んだ方が良いでしょう。