東京タクシー会社に転職するときは事故歴も調査対象

東京都23区を中心にした首都圏では、安定してタクシー需要が見込めます。私鉄や地下鉄などの鉄道網やバス会社の定期運行などが充実しているのは確かです。しかしこれらのデフォルトの公共交通機関だけでは、賄いきれない交通需要をカバーするのが東京タクシードライバーの運行する運行サービスだからです。旺盛な東京タクシーへの需要がある一方で、ドライバーの慢性的人不足は深刻化しており、顕著な高齢化も指摘されています。このような東京タクシー独特の感興が影響して、一般的な転職市場では足元を見られやすい30代以降の年齢でも、就職先を見つけるのは比較的容易になっています。業績が給料に反映される歩合級をベースに給料体系を汲まれていることが一般的なので、普通のサラリーマンとは異なり高給を実現することも可能です。

このように東京タクシードライバーへの転職には、年齢の縛りが比較的ゆるいので安定した人気があります。ただし東京タクシードライバーの業務の性格から、一般的な転職とは異なる面が重視されます。それが転職希望者の過去の事故歴です。そもそもタクシードライバーは、お客様を目的地まで安全に送り届けることが業務の主要部分を構成しています。

そのためタクシー運転手の採用面接では、応募者が雇用して業務を任せることが出来るかに値する安全運転を実践している人物であるのかを、事故歴などを通じて調査する必要があるわけです。具体的にはタクシー会社では、応募者の事故歴を幾つかの方法を駆使して調査します。応募者に面拠点数の自己申告を求める・警察署所管の自動車安全運転センターに無事故・無違反証明書の交付を求めたり、運転記録証明書の提出を求めるなどの方法です。タクシードライバーになりたい!社宅があるメリットや理由をご紹介!をまだ見ていない方はチェック!

これらの調査で明らかにする事項は、タクシー会社が運転手を雇用する際に、事故惹起運転者に該当するかの確認にあります。なぜなら2009年に仮にじか惹起運転者に該当したばあいには、的制診断の実施や特別の指導を実施することが法律で義務付けられているからです。運転記録証明書の提出の仕方としては、過去5年間の記録を記載したものを取り寄せるのが一般的です。運転履歴証明書の記載を参照すれば、過去の交通違反暦などが一目瞭然で判明します。内容如何によっては就職担当者に、事故を発生させるリスクが高いと判断される可能性があります。大手の場合はとくのその傾向が顕著ですが、中小のタクシー会社なら採用されることもあるので諦めないでチャレンジすることをおすすめします。