転職で東京タクシードライバーになるために話下手をどうやって克服するか

転職で東京タクシードライバーを検討している方の中には、話下手だけど勤まるのかと悩んでいらっしゃる方もいるかもしれません。しかし、話下手であることだけを理由に東京タクシードライバーへの転職をあきらめるのはもったいないです。東京タクシードライバーは単に話が上手というだけでなく、運転技術や接客術など総合的な要素が求められるため、他の要素で特異なものがあるのであれば、話し下手という点に関して言えば、転職後に業務を通じてスキル向上を図ればよいことでしょう。

でも、話下手を解消するにはどのような方法があるのでしょうか。話下手だと思っている方は自覚しているのですから、相手を慮ることができていないわけではありません。世の中には自分は流暢に話すことができると思っている人の中でも、客観的に見れば延々と自分のことだけを話しており、相手に伝わっていないというケースは多々あります。ですから自覚しているということは、改善したい、相手に不快な思いをさせたくないという意欲があるわけです。まずは、相手の話に同調し合わせるということを学んでみましょう。自分が離そうとはせずに、相手の言葉に合わせることに集中してみることが肝心です。間違ってはいけないのは、あくまでも相手の考えに同意や肯定をしているということではない点に注意が必要です。ただ単に、一度相手の話、つまり言い分を受け止めるということになります。例えば、自分の意見があろうとも、まずはお客さまはそう感じられたのですかといったようにうなずくだけで構いません。人は自分の考えや気持ちを受け止めてもらうことに安心感を感じる生き物です。こうした会話を自然とやりとりすれば会話が続き、さらには東京タクシードライバーとしての信頼も醸成されることでしょう。

また、話下手を克服していくには、数多くのお客さまとの会話を実践し、良かった点や悪かった点をメモし、反省して次のお客さまとの会話にて改善することです。実際問題として、熟練の東京タクシードライバーが会話上手なのは、場数を積み重ねて、常に会話方法を改善しているからなのです。また、会話方法だけでなく、会話のテーマについても幅広く対応するために、常日頃から新聞や雑誌、Webニュースなどで幅広く情報に触れておくことも必要でしょう。自分自身がさまざまな情報を仕入れておけば、お客さまの興味にあう情報は1つや2つはあるものです。常日頃から継続的に研鑽することが話下手克服の第一歩でしょう。