東京タクシードライバーへの転職の際の志望動機について

東京タクシードライバーは、他のエリアのタクシードライバーとは異なり高収入を期待できる職業、給与面や仕事内容などで転職を希望する人の中には東京タクシードライバーを目指す人も少なくありません。日本の中でのタクシードライバーの平均年収は300万円前後といわれているのですが、東京タクシードライバーの場合は年収400万円で他のエリアよりも高収入を期待できることがわかります。また、タクシーの運転をするためには普通免許と2種免許が必要になりますが、2種免許は持っていない場合でも応募ができる、資格取得においては会社が負担を行うところも多いようです。そのため、運転免許を持っていれば応募ができる40代や50代、それ以上の年齢の人でもやる気があれば応募できて未経験から始められるなどハードルが低めです。

東京タクシードライバーになるためには、タクシー会社の面接で合格をしなければなりませんが、面接では志望動機が必ずついて回ることになります。面接に関してはこちらも参考にしてください→【転職者必見!】タクシー会社の面接で聞かれることとは?マナー&心構えを伝授! 志望動機は、その会社に入りたいと思った理由を述べるもの、自分を採用するとどのようなメリットがあるのかアピールすることを意味します。東京タクシードライバー年収が他のエリアよりも高めなので高収入を期待できる、転職先は購入集を期待できる会社を選びたいということは本音であり、転職においての志望動機ではありません。

タクシードライバーはお客さんの目的地まで安全にかつ素早く移動して連れて行く、いわゆる接客業ですから接客マナーが求められる業界です。これに加えて安全運転でお客さんを乗せる、スピードを出すことなく短時間で目的地に到着するための運転テクニックや地理的な知識が求められます。東京タクシードライバーの場合は、日本の中でも交通量が多い地域で車を運転することになるので、道路状況の把握や混雑しているときにいかに渋滞に巻き込まれずに走り続けられるかなどが求められるので、これらを得意にしていることをアピールできる志望動機を考えることをおすすめします。例えば、会話が好き・安全運転ができるなどのアピールは志望動機に効果的な印象を与えるもの、体力があるので長時間運転でも大丈夫、社風が自分にあっているなども志望動機として最適です。ちなみに、体力をアピールした志望動機の場合、今まで草野球をやっていて体力には自信がある、長時間運転をすることもあるタクシードライバーの仕事は自分の体力を活かせる、活躍できるなどのアピール方法もあります。