東京タクシーへの転職に反対する理由

東京タクシーへの転職を考えているという人もいるでしょうが、もちろん転職には成功するケースと失敗するケースがあり、失敗すると思って反対されることもあるでしょう。どういう理由で反対されることが多いかということを予め把握しておけば、自分がそれに該当するかどうか事前にしっかりと考えることができ、東京タクシーへの転職に失敗することも少なくなるはずです。まずは冷静に分析してみることが重要です。反対理由として考えられることは、東京タクシーは勤務時間が他の会社員などとは異なってかなり不規則だということが挙げられます。東京タクシーでは勤務は隔日勤と呼ばれるものがメインとなっており、これは朝8時くらいから翌日の午前4時くらいまで、全体の拘束時間としては実に20時間程度も働いた後、その日はほぼ丸一日休みとなるという、2日を一つのまとまりとしたサイクルで働くことになるからです。

普通の仕事であればそのサイクルは1日が基準となっており、その中で例えば8時間、残業を含めれば9時間とか10時間働くということになるでしょうが、東京タクシーの場合そのサイクルが根本的に違うということです。言うまでもなく人間の生理的な活動サイクルは1日が基本となっていますから、このような隔日勤という仕事は慣れるまでは生理的にもかなり辛いことが予想されます。20時間程度の拘束時間とはいえ、その中には食事や仮眠など合計3時間程度は休憩を取れることになっていますが、しっかりとした睡眠は仕事が終わってから、つまり明け方も近くなってからしか取れないことになります。仮に午前5時に床についたとして、6時間睡眠であれば午前11時まで眠ることになるでしょう。

別にこの睡眠パターンが毎日続くのであれば比較的簡単に慣れられるかもしれません。他の仕事でも例えば夜勤の人で、睡眠時間帯が普通の人とはかなり異なるという人はいるはずだからです。ですが東京タクシーの場合、仕事が終わって午前11時まで眠ったその次の日はまた朝の8時から仕事になるわけです。朝6時に起床することにすれば、今度は夜12時には床につく必要があることになります。このように、日によって床につく時間が大きく異なることになるわけで、単に寝る時間帯がこれまでと異なるということ以上に辛く感じる人もいます。このような不規則さを乗り越えられるかどうかを心配して転職に反対されることもあるというのは考えておいたほうが良いでしょう。