東京でタクシー会社に転職した場合の失敗例とは

日本では小泉内閣時代に規制緩和が行われていて、それまでは車両の台数制限が課せられていたタクシーの台数規制が撤廃され、現在は相当数のタクシーが登録されるようになりました。これは雇用の促進というメリットがありますが、台数が増えたことで元から乗客が固定化されている地方では売り上げが薄まることになってしまい、そのまま同じ地域でタクシー乗務員で生活するのが難しくなる人が増加したため、顧客の多い東京に転職するケースが増えています。東京は人口が多いので公共交通機関が発達していますが、業務やプライベートでタクシーを利用する人が多くいるため、転職によって以前よりもいい待遇で働くことが可能になっているからです。これは東京には数多くの職種が存在していて、職業選択の自由からタクシー乗務員を選択する人が分散されることも理由と言えるでしょう。

東京でタクシー乗務員に転職した場合、地方出身者の割合が高いことから他の地域とは異なる待遇が用意されていることがあります。現在は減少傾向にある寮のような住居を提供しているのは当然ですが、土地勘が無く知り合いも少ないので売り上げが最初の頃は得にくいとう特徴があることから、収入が不安定になることを考慮して一定期間は売り上げに関係なく固定月収を支払ってくれるということです。タクシー乗務員は多くの場合で歩合制が採用されているので乗客が多ければ収入も増えますが、その反対に少なければ生活が困窮するほど少なくなってしまいます。このデメリットを補うために期間限定でも収入が固定化するのは大きなメリットになり、安心して生活を送りながら仕事に慣れていけます。

問題なのはいずれは歩合制による収入に移行することであり、このような状況になるとある程度の収入が無ければ東京での生活は困窮するのは間違いありません。東京は他の地域と比較しても収入が高い傾向が強くなっていますが、土地代や物価が高騰しているので支出も多くなってしまいます。ここで自分の中で売り上げを増やすためのノウハウを取得できていればいいのですが、他の地域から来た人はその地域の経済状態が把握しにくくなっているので、簡単には売り上げに結び付けることが難しくなっています。そのため、継続的に東京でタクシー乗務員を行う場合の足枷になることが少なくないため、転職が失敗してしまう要因の一つです。遠方では東京の生活がわかりにくいので失敗するケースもあります。企業側は人材確保のために全ての情報を開示するわけではないので、事前に多くの情報を入手して適切に判断するようにしてください。