ネットカジノの入金方法について

最近ネットカジノという言葉をよく耳にしますが、日本には賭博罪というものが存在します。それに抵触するかどうか分からない方もいらっしゃいます。そもそもその入金方法についてはどういう物を使っているのか等初心者の方には分かり難いものです。謎多きネットカジノの実態ですが、どういった場所で運営されているのか等事細かく事前に調べて勉強していれば問題なくネットでカジノを行う事が出来ます。今回はそんなネットカジノの選び方や入金の方法についてを説明していきますが、それに当たってライセンスの取得や運営場所についての説明もして行きます。イマイチ分からない、疑問を少しでも解消出来ればと思っていますので是非記事を読んで頂く事をお勧めします。それではまずはネットカジノが賭博罪に抵触するかについて説明します。

賭博罪に抵触するか、結論から言うと運営場所やライセンスの取得が正しく行われているかによっても大きく異なりますがグレーゾーン、というのが現状です。まず、日本で運営されているカジノは現状違法です。その為日本で運営しているネットのカジノは絶対に避けるべきです。カジノが合法とされている海外でも各国政府、自治領からの運営許可、つまりライセンスを取っている大手等のサイトであればグレーゾーンですが、それが無い場所だと危ないので必ず事前に調査しておきましょう。入金に関しては最近ではクレジット会社側が拒否してエラーを起こす事があるので電子決済サービスの口座を作ることをお勧めします。また、グレーゾーンたる所以ですが日本で何件か問題が起こっていてそれについてもこれから説明していきます。

日本にいる状態でオンラインカジノをして単純賭博罪として略式起訴10万円~20万円の罰金刑を受ける事例もあります。裁判無しで罰金を受け入れる事です。しかしそれに対抗したプレイヤーがいましたが、裁判の事例は今まで無く不起訴になりました。というのも警察側としてはオンラインカジノを取り締まりたいという思惑はありますが、違法性を立証する事が難しく争う姿勢を見せると不起訴になった事例もあります。単純賭博罪として報道して恐怖を煽り規制をしたいという思惑はあっても実際にどうなるかは立証が難しいです。その為、違法とも合法とも言えずグレーゾーンなのです。今後日本にカジノが出来るとの事なのでそれによって緩和される事もありますが、やはり現状ではなんとも言えないのが本当のところなのです。