名古屋市であった事例とネットカジノ

名古屋市で賭博店が摘発をされました。日本では賭博罪があり、お金を賭けてカジノをすることは違法行為です。賭博罪とは、金品を賭けて勝負を行う遊びのことです。ギャンブルと同じ意味になりますが、合法的に認められているものもあります。合法的に認められている場合もの以外の賭博は、賭博罪で逮捕をされます。競馬や競輪、競艇などは、お金を賭けて遊んでも罪になりません。名古屋市で摘発した事例は、カジノカフェと闇スロットの複合店で、スロット機などが押収されています。日本で賭博店が合法的に経営をすることはできません。摘発された店舗も、クラブを装って運営をして客に賭博行為をさせていました。摘発されたのは、経営者などだけでなく客も逮捕をされています。日本では、カジノをプレーをしても違法行為になります。

海外に行くと、合法的にカジノで遊ぶことができます。ネットカジノでも違法な業者ばかりではなく、ライセンスを持って運営しているところがあります。カジノが合法の国で、ライセンスを得た業者がネットカジノを運営をしている場合があります。名古屋市のように店舗でカジノをプレーすることはもちろん違法ですが、海外のライセンスを得た業者のネットカジノを、日本でプレーをするのはグレーゾーンになります。合法の国でカジノで遊んだ日本人でも逮捕されることはありません。日本でプレーすることは違法行為になりますが、運営しているのは合法の業者になるからです。現在の法律ではネットカジノに対する法律がないため、ライセンスを得た海外の業者でプレーする場合は法で裁けません。ネットカジノでも、ライセンスを得ていない日本の業者でプレーをすることは違法です。

プレーする場合は、ライセンスを持った業者でプレーすることが大切になります。しかし日本でも、ネットカジノで逮捕された事例があります。結果的に不起訴になっていますが、略式起訴を受け入れたプレイヤーもいます。この事例は、合法の国でライセンスを得た業者で、日本国内のパソコンからアクセスしてプレーをしていました。略式起訴は、自ら罪を認めて罰金を払うことで早く終わらせます。不起訴になったプレイヤーは、罪を認めず裁判までいったのですが、違法性を立証することが難しく不起訴になりました。このことだけで合法とはいいきれません。まだグレーゾーンのため逮捕されてしまうこともあるのです。捜査の対象になったのは海外の業者でも、日本人専用のテーブルがあったためです。プレーをする場合は、日本人専用のテーブルや本人が特定できるようなカジノではプレーしないようにすることです。