ネットカジノと投資の違いとは?

ネットカジノと投資の大きな違いは、賭け事であるかどうかということになるでしょう。ネットカジノはギャンブルの一種であり、お金をかけてゲームをプレイします。一方、投資は企業やものなどに対してお金を投じることを言います。例えば、とある企業に対してお金を投じて、その企業が成長して社会の役に立つようなことをすれば、間接的に社会貢献をすることにもつながります。かならずしも社会貢献がともなうことではなく、金やプラチナなどにお金を投じて、価値が上がったタイミングで売るのも投資です。
日本の法律では賭け事は禁止されているので、ネットカジノも違法となります。投資は法律によって禁止はされていないので、基本的には自由に行うことができます。ただし、FXにおけるレバレッジ規制など、一定の制限はかかります。

ネットカジノは日本の法律で認められていないので、違法な行為です。しかし、日本人がカジノをプレイしても捕まらないケースのほうが多いでしょう。それはなぜかというと、海外で遊んでいるからです。海外旅行へ行ったらその国の法律が適用されるので、その国でカジノが合法とされていたら遊んでも問題はありません。
ネットカジノの場合には、日本にいながら海外のサイトへアクセスをしてゲームをプレイすることが合法であるかどうかが問題になります。現在のところ、積極的に合法とはされていないものの、違法ともされていません。そのため、日本にいながら海外のネットカジノで遊ぶという行為で捕まることはありません。しかし、海外のカジノで大金を稼いだのに税金を納めなかったりすると、脱税で捕まってしまうこともあるので、しっかりと税金は納めましょう。

これからネットカジノ を始める方は必読
ベラジョンカジノで遊べる全種類の大小(シックボー)を徹底調査してみた

確定申告をするとき、いくらの税金がかかるのかということは気になるところでしょう。ネットカジノで稼いだお金は一時所得となりますので、給料などの他の所得と合算をして総所得金額を求めた後で、税率が決まります。所得が多い人は最大で55%の税金がかかってしまうでしょう。税金について気になるという人は、税理士などの専門家に相談をしておくことがおすすめです。工夫をすることで納める税金を大きく減らすことができるかもしれません。
FXや先物取引などの投資による所得は雑所得となり、税率はおよそ20%です。株式投資の場合には証券会社が源泉徴収をしてくれますが、FXや先物取引では自分で確定申告をする必要があります。ネットカジノとどちらが税金面で優遇されているかということはケースバイケースとなります。