ネットカジノでの賭博は合法なのか

日本は先進国ではありますが、ギャンブルに対する規制は厳しくなっており、カジノ全般の運営はもちろんですが、法律で認められていない賭博行為は違法となってしまいます。したがって、日本でまともにギャンブルを楽しむためには、競馬や競輪などの公営競技をするか、パチンコやパチスロのお店に行くか、もしくは宝くじやサッカーくじを購入するか、いずれかとなります。ただ、最近ではネットカジノが日本でも普及しており、ネットで検索すればたくさんの記事やブログを見つけることができます。それだけ多くの人がネットカジノで遊んでいるわけですが、これに関しては法律的に問題ないのでしょうか。少なくとも、国内で正式に認められたギャンブルではありませんし、果たしてネットカジノでの賭博は合法と言えるのでしょうか。

ビットカジノでビットコインの枚数を増やす方法【ルーレット編】

この点に関しては意見や考え方も別れますし、現時点では合法とも違法とも言えない微妙な状況となっています。ただ、少なくともネットカジノをプレイして起訴されてしまった人はいませんから、どちらかと言うと合法に近い形となっています。では、その理由や根拠はどこにあるのでしょうか。ネットカジノ自体は、あくまでオンラインによるサービスとなっているので、店舗を構えているわけではありません。ただ、運営をするためにはサーバーやシステム構築が必要となりますし、もちろんある程度の人手も要することになります。したがって、基本的には企業が運営をすることになりますが、その企業が海外に存在している状態となっています。つまり、見方としては日本でカジノをプレイしているのではなく、海外で遊んでいるという形となります。

当たり前のことですが、海外で日本人がカジノで遊ぶこと自体は、一切何も問題はありませんし、完全な合法賭博となります。つまり、ネットカジノもそれと同じような仕組みとなっているので、違法という扱いにはならないのです。ただ、カジノをプレイしている場所に関しては、日本国内であることに間違いはありません。したがって、完全に合法であるとも一概には言えない状況ですし、このあたりが微妙な状況を作り出している大きな要因となっています。そのため、現時点での考え方としては、ネットカジノで遊んでも捕まったり起訴されるようなことはほぼありませんが、100%確実にノーリスクではないことも頭に入れておく必要があります。むろん、将来的に法律が改正されて合法か違法か明確になる可能性もあるので、今後の動きにも注目していきたいところです。