効果的なランディングページの制作方法とは

商品をインターネット上で販売する場合、取引を行うサイトの他に宣伝を行うサイトの作成が必要になってきます。
これをランディングページと呼ばれており、顔の見えないインターネット上の売買取引にて唯一購入希望者にアピールする事のできる場所なので入念な作成計画とデザインを決めていく必要があります。
まずランディングページの制作コンセプトとして商品購入の際に疑問に思う事を消費者目線で記載するという点が重要で、宣伝活動を意識した制作方法も重要ではありますがあくまでも消費者を意識した制作をするようにしてください。
例えばサプリメントをWEB上で販売する場合多くの人は服用したことで発生する副作用について気にする方が多くいます。
特に成分のアレルギーに関してはアナフィラキシーショックで生命活動に影響を及ぼすこともあるので、サプリメントの成分の中でアレルギーの可能性がある成分は全てランディングページに記載して閲覧者の不安を的確に取り除いていく事が重要です。
そしてファッションアイテムのランディングページ制作を考えている場合はそのファッションアイテムを利用したコーディネートの提案をすると、閲覧者が着用後の自分の姿を想像しやすいのでより商品を購入してもらえる確率が上がるようになります。
この様にランディングページ制作の具体的な方法は閲覧者や購入希望者の立場に立って情報を記載する必要があります。
ただいくら消費者目線でランディングページを作成しても、事例がなければ大きな購入切っ掛けにはなりにくいです。
そこで販売している商品に関するアンケートを実施して、購入者の感想や使用感等を記載してもらいそれをランディングページに掲載するというのも良い方法です。
次に運営目線で見たランディングページの存在ですが、目的によって制作方法を変えるとより効果的に閲覧者を増やす事ができます。
例えば通販サイトで出店している形であれば通販サイトで掲載されている写真やスクリーンショットを使い、そのコンテンツに対しての説明文を追加するとより詳細な情報が記載されるので閲覧者に購入してもらい易くなるメリットがあります。
また利益獲得の比重を会員登録に置いている場合はそのサイトに登録すると便利な機能や情報獲得についてのメリット詳しく記載すると効果的です。
会員登録に関してはそのサービスが有料なのか無料なのかでコンセプトが変わってくるので、無料の場合はより完結にわかりやすく記載し有料の場合はより詳細な情報を記載して利用前に発生する閲覧者の不安を取り除く事に努める必要がありため、効果的なランディングページのコンテンツを見極めてから制作していくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です