lp制作についての業者選び

lpとはランディングページのことを指し、訪問者がサイトで最初にたどり着くページのことを言います。ここは縦長で商品やサービスの販売では反応率に強く影響し重要なページとされています。検索エンジンからリスティング広告や色々な種類の広告やリンクをたどってこのページへ到達するように仕組まれているものです。
lpは広告の内容からここへ流入して来るユーザーを制限できるので特定のユーザーを最適化し易いという特徴があります。さらに特定のユーザーが求めている情報を一目できるように1ページにまとめることができ、それ以降リンクも貼られていないためにそのページから離脱することが少ないので効率的であるとされています。従ってサイトを特定のユーザー向けに作り込むよりもこのページを本腰を入れて制作する方が安上がりになるとも言えます。
これを業者に依頼する場合には会社によって費用も10万円以上、高いもので数十万円かかる場合もあるとされています。自分で作り込むと費用はタダで済みますが効果は期待できないことが多いものです。
しかし業者に依頼しても得意・不得意もあって価格にそったものになるとは限りません。

lpは検索の際にキーワードが異なればそこを訪問する人の動機や目的も違うものです。この動機や目的に合致したページを用意しておくことが大切で最適な情報を提供して反応率を高める制作手法に通じている業者を見つけることが大切です。
業者では反応率や成約率の上がる制作手法としてA・Bテストという方法がとられることが多いものです。これは2種類のページを作りどちらが成約に結び付くかをテストする方法です。そしてこれを繰り返し実行することで実効性の高いページを作成することができ、1度と言わず改善を繰り返すことが大切とされています。

具体的にはどういう方法が有効かについては少しずつユーザーの興味を惹き、その先まで知りたいという気を起こさせることが大切です。そして疑問の余地がないほどに説明し、不安を解決する内容が含まれることで効果を持つものです。そのために伝える手法や順序、見せ方を工夫し、キャッチコピーの文句や位置、大きさ、画像やイラスト、漫画を使うという方法も効果があるとされています。メリットや利用することでの最大限の効用を示しその根拠となる理由を伝えることが大切です。
これが出来ているかいないかで依頼すべき業者かどうかも決まって来ることになりそうです。
業者選びでLPの制作が得意な業者とは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です