ランディングページを作るなら業者の制作実績をチェック。

ランディングページを作るなら、低コストでクオリティーの高いページを制作できる業者を選択するのがベストであることは言うまでもありません。最近では、Web広告業界でも価格競争が激しくなっており、低コストを特徴とする業者が非常に増えています。その反面、クオリティーに関してはばらつきがあるのも事実です。ここでは、クオリティーが良くない事例を一部紹介しておきます。具体的には、デザインが少し前に流行ったようなスタイルである場合や、動きのあるランディングページでインパクトはあっても、テキストが少なく何をアピールしたいのか伝わらないページである場合が考えられます。また、デザインの使い回しをしているような業者もあり、デザインの引き出しが少ないところも見られます。さらには使い勝手が良くないサイトを作る業者もあります。このような業者はどんなに安くても選ばないのが鉄則です。

しかし、業者を選択する側としては何を判断基準に選べばいいのかわからない部分もあります。そこで、クオリティーは制作実績をベースに判断していくことをおすすめします。最も効率が良いのは、インターネットなどで「ホームページ作成会社」などで検索を行い、各業者の実績を確認することです。

そして、チェックすべきポイントはホームページ制作の質と量です。例えば、創業開始からの年数が経過している業者や、1年間あたりの制作数が多い業者の方がクオリティーの高いページが作れる傾向があります。なぜなら、制作数が多く、ノウハウも豊富に持っている可能性が高いからです。そして、実績のあるLP制作会社の場合、必ずと言って良いほどホームページにこのような情報が掲載されています。また、ランディングページを作りたいのであれば、ランディングページだけに絞った制作実績を確認すべきです。業者のホームページを通じて、これらの情報しっかりと確認しましょう。一方、質に関してはどんな企業のどんなサイトを作っているのかを細かくチェックしておくと良いでしょう。これを確認することで、デザインや使い勝手のよいランディングページが作れそうかどうかを判断する材料となります。そして、できれば実際にそのランディングページを訪問してみると良いでしょう。デザインだけでなく、使い勝手まで把握することができるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です