ランディングページ制作で押さえておきたい重要ポイント

ランディングページのレイアウトには、いくつかのパターンがありますが、ホームページとの差別化を考えた場合、最も特徴的なのは縦長のスクロール型レイアウトといえます。画面をロードするとまず現れるファーストビューに始まり、下にスクロールすることで続きを見られるパターンのレイアウトです。ホームページではユーザーが任意に選択するページ内リンクの順番によって、ユーザーが体験する情報の順番は異なってきますが、縦長レイアウトのランディングページの場合は、情報の順番が決まってきます。言い換えれば、情報の順番に従ってストーリーを提供していることになります。したがって、ランディングページ制作では、ユーザーに対していかに優れたストーリーを提供するかが大きなポイントになります。
まず、どんなストーリーでもそうですが、冒頭つまり書き出しが重要です。書き出しが思わしくないとユーザーはストーリーから離脱してしまいます。ランディングページで言えば、ストーリーの書き出しであるファーストビューの印象が決定要因になるということです。したがって、このファーストビューは非常に重要なポイントになります。ファーストビューでは、効果的なコピーや魅力的な写真、印象的なフォントなどを配置することで、ユーザーの意識を掴むことが重要です。ユーザーの意識を掴むことができれば、さらに続きがスクロールされる可能性が高くなります。もしページの離脱率が高いという場合は、このファーストビューに問題がないかどうか、チェックをすることが有効となります。
さらに、ファーストビュー以降の続きのコンテンツでは、ユーザーの関心や興味を惹く情報をストーリーとして適切に配置していくことがポイントです。ストーリーは、重複したり欠けていたりしないことも重要ですが、最も重要なのは、「ユーザーにとって分かりやすいストーリーであるか」ということに尽きます。つまり、イケてるLP制作のポイントは、わかりやすいストーリーを適切にユーザーに提供することと言えるでしょう。ユーザーはランディングページのストーリーが「わかりにくい」と感じると、商品や企業に対して興味を失ってしまうこともあります。したがって、ランディングページの制作では、ユーザーを適切にターゲティングして、最適なストーリーを組み立て、わかりやすい形で提供することが重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です