lp制作にかかる費用の相場

lpと表記されることも多いランディングページですが、制作を依頼するなら、最適化までしっかり行ってくれる会社を選ぶべきです。lpは縦長の1ページ訴求型で作られていることがほとんどで、訪問者をスムーズに商品購入まで誘導するのが優れたlpです。そのためにはターゲットユーザーを絞り込み、販売戦略を立てることが重要になります。

製作費は格安の5万円からという制作会社もありますが、6万円から10万円以下という相場が約4割を占めています。そして11万円から20万円のところも同じく4割程度です。30万円から40万円という価格帯も約15%ほどあります。その他、50万円以上の費用がかかる制作会社もありますが、相場としては、5万円から40万円前後が相場となっています。しかし、価格だけで選ぶと失敗することが多いため注意が必要です。20万以下のところではlpを制作するだけで、その後の改善が料金に含まれていないことがあります。従って見積もりを取る際は、lpの最適化まで料金に入っているか確認するべきです。優れた制作会社であれば、最適化を行い、コンバージョン率を向上させます。またキャッチコピーについても、アドバイスをしてもらえます。CVRは、lpのパーツを変更し、改善していくことで向上します。lpの最適化をLPOと呼びますが、LPO実績のあるところを選ぶと失敗しません。

実績のある制作会社であれば、売れなかった商材やサービスの売上をアップさせることも可能です。資料請求の申し込みだけで、実際の新規顧客には結び付かなかったようなケースでも、実質の利益を向上させることができます。さらに、ベテランのディレクターやデザイナーが在籍しているところがおすすめです。そして事前に、丁寧なヒアリングを行ってくれることも重要です。発注後の流れとしては、まず販売戦略としてターゲット、商品特徴、販売手法などを明確にし、商品分析や競合リサーチを行った上で、有効と考えられる戦略を提案してくれます。そして原稿について打ち合わせを行い、ワイヤーフレーム作成し、実際に公開する形でlpを提示します。出来上がったひな型に修正や改善を行い、納得すれば、正式な発注となります。作成までに必要な期間はケースバイケースですが、原稿作成から行う場合、発注から納品まで10日前後のことが多いです。そして公開してからのアフターフォローとしては、アクセスログを解析し、場合によっては改善を行います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です