料金から考えるランディングページ制作会社の良し悪し

売れるランディングページを手に入れるためには仕事を依頼する制作会社の良し悪しを見抜かなければなりません。実績や事例に基づいて判断したり、ヒアリングを受けて担当者の対応力を吟味したりする方法もありますが、どのような料金設定を行っているかによって見抜くことも可能です。ランディングページ制作会社によって一律いくらといった形でパッケージ化している場合もあれば、いくつかのコースを提供していてその基本料金が決まっている場合もあります。また、一切金額を明示していることはなく、全て見積もりを取って判断してもらうという仕組みになっている会社もあります。この料金体系や金額から良し悪しを見極めることができるのです。

LP制作の料金相場は概ね決まっていて、内容に応じて五万円から五十万円程度の枠に収まるようになっています。パソコン向けのランディングページを制作してもらうだけであれば二十万円から三十万円程度を予算として考えておくのが無難です。これよりも極端に安いあるいは大幅に高いという場合には疑念を抱く必要があります。安い場合には単純にテンプレートに当てはめてくれるだけであまりデザインとして見栄えがしなかったり、ほとんどの内容がオプションサービスとして別料金になっていたりすることが多いでしょう。また、高い場合にはいわゆるぼったくりである可能性があります。しかし、単純にパッケージにされているサービス内容が充実しているために高くなっている場合もあるため、内容をよく確認することが必要です。過剰な内容になっているのなら他を選んだ方がコストパフォーマンスが高くなります。

相場に合っているなら良い制作会社である可能性が高いとは言えますが、その中からさらにランディングページを素晴らしく作り上げてくれる会社を選び抜くことができるに越したことはありません。信頼性の高さで選ぶなら、基本的には全てパッケージ化されていて一律料金にされている制作会社を選ぶのが得策です。オプションが多い形になっていると、その制限があるから努力しないということを制作会社側が考えてしまうリスクがあります。しかし、最大限のサービスを提供するという形になっていれば売れるランディングページを作るために終始努力を続けてくれると期待できるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です