プロに依頼して行うランディングページの制作の流れ

ランディングページを制作するときには基本的な流れがあります。どのようにしてウェブマーケティングを行っていくかという戦略を立案し、それに応じた情報設計を行い、デザインを作り上げてウェブにコーディングをするというのが大枠です。しかし、実際にランディングページを制作するときに何をしなければならないかは選んだ方法によって異なります。マーケティング効果の高いランディングページを用意できる可能性が高い方法としてプロに依頼して制作してもらう方法がありますが、その場合のLPの制作の流れは次のようなのが一般的です。

まず業者に製作依頼をするための相談を持ちかけます。ウェブベースで募集をしている会社が多いのでウェブフォームでの問い合わせやメールが基本です。それに応じて相談をする日程を決めて、ヒアリングが行われます。このときにランディングページを制作する目的や、競合しているサービス、希望するデザインの要件といったことを伝えることになるのが通常です。その結果を受けて業者側が市場分析や競合分析を行い、大枠の戦略の立案と情報設計を行います。その報告を受けて納得できる内容の場合には、契約をしてデザインを制作してもらうことになるのです。必要に応じて仕様する素材を提供し、不足している素材は準備してもらうことで原稿が仕上がっていきます。そして、デザインが決まったところでウェブにコーディングを行い、実装を行うという流れになるのが通常です。業者によってはこの後も運用に携わり、アクセス解析などのウェブ分析を行いながらデザインの改善を行うことで最終的な完成版に仕上げてくれます。

ランディングページの制作をプロに依頼したときには基本的に行わなければならないのはヒアリングと素材の提供だけです。このような流れで進めるのを前提にしていることから、クライアントの要望を追求できるように業者側も工夫をしてくれます。マーケティング戦略は複数用意して選べるようにしたり、デザインは大枠から始めて適宜細かなところまで相談をしながら作り込んでいったりするというスタイルを取る傾向があるのです。業者によっては納品までの期間を短くするために企画も一つ、デザインも最初から最終版というスタイルを取っていることもありますが、全体の流れには大きな違いがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です